ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:オリエント急行について

オリエント急行


オリエント急行とは

オリエント急行は1883年10月4日、現在のパリ東駅のプラットホームから人々の夢と期待をのせて その歴史の幕を開けました。その超豪華列車の行き先はイスタンブール。かつては「コンスタンチノーブル」と呼ばれていたかの地は、西洋の人々にとってエキゾチックなイメージ溢れる憧れの地でした。 美しい車両はもとより、アールヌーボー様式のインテリア、行き届いたサービスは「レール上の宮殿」 「列車の貴婦人」と賞賛され、まさにオリエント急行はヨーロッパの歴史、伝統、そして文化そのものであり、走る宮殿となりました。
オリエント急行当初のルートは、週1便でシュトラスブルグ−ミュンヘン−ウィーン−ブタペスト−ブカレスト−ヴァルナ−コンスタンチノーブルで、ルーマニアとブルガリアの国境のドナウ川−ヴァルナ−イスタンブール間は、船で連絡していました。1885年には途中ウィーンまでが毎日運行になり、さらに1889年には念願のイスタンブールまでの直通運行が実現し、69時間でこの2都市が結ばれます。 1930年の「オリエント急行」全盛期には週3便運行するまでとなり、栄華を極めました。 19世紀に入り、第一次大戦中の中断を経て、オリエント急行は黄金時代を迎えます。 しかしながら、その後の第二次世界大戦を契機に、一時中断をやむなくすることになります。 その後、熱烈なアンコールの声に支えられて1976年「NOSTALGIE ISTANBUL ORIENT EXPRESS」として再び運行を始めます。
1998年、日本にもオリエント急行NIOEの編成が上陸、パリのリヨン駅より東京まで特別列車が到着し、話題をさらいました。フランス・ベルギー・西ドイツ・東ドイツ・ポーランド・ソビエト連邦・中国・香港と走行し、香港より船で東シナ海を渡り日本の山口県下松に上陸後、日本各地を一周しました。その姿を見た当時のJR各社が受けたインパクトは大変強いものであり、その後、東日本は豪華寝台列車「夢空間」の試作、JR北海道は寝台列車「北斗星」の個室車両の増備や設備のグレードアップを実施し、JR西日本は「トワイライトエクスプレス」を誕生させるまでとなりました。

その美しい姿と走行距離1799kmという世界鉄道史上最長距離の樹立【ギネスブックの認定】により日本の人々にも広く知られるようになった現在もその人気は高く、一世紀を経たロマン紀行を求める世界中の人々の絶賛を集め続けています。

 

【ブルーのプリマドンナ】
走る姿の美しさと高貴な色とされるロイヤルブルーの美しい車両はオリエント急行の一番の魅力です。
【オリエント急行殺人事件】
アガサ・クリスティのミリオンセラー。オリエント急行の中で起こった殺人事件をめぐって、それに関わった人間群像の愛憎と名探偵エルキュール・ポワロの活躍を描いたアガサ・クリスティの同名小説を映画化。上流社会の代名詞であったオリエント急行、国境を越えたスリリングな旅は多くの人の憧れでした。
【ロシアより愛をこめて】
イアン・フレミングの原作、007シリーズ国際列車、寝台車、豪華な食堂車、その中でのスパイとの駆け引きとジェームスボンドの活躍は映画化され、大ヒットしました。

ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEMの会社沿革 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEM会社案内 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEMのライセンスについて | グジュール(Gudule)のイラストレーター:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | グジュール(Gudule):ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:トップページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャについて | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ財団ページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの歴史 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:メインページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのライセンス | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ作品集 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ展覧会のお知らせ | オリエント急行について:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行の歴史:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行のライセンスについて:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店
COPYRIGHT ©G.E.M japan co.,Ltd