ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:ミュシャについて

ミュシャ・MUCHA

アルフオンス・ミュシャは、現在のチェコ、モラヴィア地方に生まれ、アールヌーヴォーの頂点を極めた画家であり装飾芸術家です。ミュシャの芸術様式は、祖国のチェコ、パリを中心とするヨーロッパ、日本、ビザンチン、イスラムなど多様な造型要素を受け入れ形成されており、コスモポリタンな芸術家でもあります。ミュシャは19世紀末に花開いたアールヌーヴォーを代表する芸術家ということでも多大な評価を受けてきました
ミュシャは人生のほとんどの時期を芸術に費やした作家です。特に1894年から1904年までの10年間は、ミュシャのその後の人生に大きく影響を与えたポスターをはじめとする創作が行われました。特にパリ滞在中にデザインした、女優サラ・ベルナールのポスターの数々は、ミュシャの名声と人気を絶対なものにしました。花々のつる状の曲線と、華麗でしなやかでかつ繊細で長い描線を特徴とする作品です
そのポスターでミュシャ、大衆の支持を得て、文化的価値はもちろんのこと、商業的な価値をも高めたポスターの製作、本の挿絵、装飾芸術などさまざまなオブジェ、商品パッケージなどのデザイン、広告など、広い意味でのアートディレクションの仕事も数多くこなしました。



1860年 7月24日、現在のチェコ、モラヴイアで廷吏の息子として生まれる。
1873年 雑誌「モテット」の表紙を描くはじめてのデッサン。
1879年 ウィーンに赴き、舞台美術工房で働く。
1883年 コーエン・ベラシ伯爵に雇われ、エマホフ城の絵画を修復する。
1888年 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ。
1890年 雑誌に挿絵を描いて生計を立てる。
1891年 ゴーギャンと知り合う。
1893年 写真機を購入し、撮影を始める。
1894年 サラ・ベルナール主演のポスター製作好評を博し、翌年から6年間のポスター契約を結ぶ。
1895年 「ラ・プリュム」誌の画廊、サロン・デ・サンの展覧会に出品本や雑誌の表紙を精力的に製作しはじめる。
1897年 ギャルリー・ド・ラ・ボルディニエールで初個展。
1900年 パリ万国博覧会で、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当。
1901年 レジオン・ドヌール勲章受賞。
1902年 プラハで開催されたロダンの大展覧会に、ロダンと共にプラハへ。
1904年 アメリカに招かれ、ニューヨーク、ボストン、シカゴを訪問。
1906年 マリア・シティロバとプラハで結婚妻と共にアメリカに渡る。
1909年 ニューヨークの新ドイツ劇場の装飾を依頼される。
1911年 プラハ市庁舎の壁画製作開始。
1919年 スラブ叙事詩の最初の11点をプラハで公開。
1931年 プラハの聖ヴイダ大聖堂のステンド・グラス製作。
1939年  7月14日、プラハにて没享年79歳

 

ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEMの会社沿革 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEM会社案内 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのGEMのライセンスについて | グジュール(Gudule)のイラストレーター:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | グジュール(Gudule):ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:トップページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャについて | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ財団ページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの歴史 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店:メインページ | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャのライセンス | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ作品集 | ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャ展覧会のお知らせ | オリエント急行について:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行の歴史:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店 | オリエント急行のライセンスについて:ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店
COPYRIGHT ©G.E.M japan co.,Ltd